チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

2018年03月

外遊びへ。

靴を履かせてあげてます。
IMG_1462

いざ園庭へ
IMG_1454


築山付近から撮ったので
遠くて失礼します
IMG_1461


IMG_1460


IMG_1458


IMG_1457


ロープ渡りを手で揺らして
IMG_1456

暖かい日差しがとても気持ちのいい日和


今日の園庭でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ストライダーを卒園記念に頂きました。
IMG_1452

大人気です。
IMG_1451


ここが交代する場所。
丸太がベンチになってる
IMG_1450
IMG_1449

気がつけばレースになってる
IMG_1448

築山掘り
IMG_1446
IMG_1447

ストライダーで手前ばかり見てたら
その先にあった三輪車に激突。
号泣。
この後、周り見ながら乗ってました。
学びました。
IMG_1444
IMG_1445


ストライダーを頂き有難うございました。
子どもたちは夢中になって遊んでます。

2周回って「一周だよ!」
と周りに言われ、揉め事も起きてます。

お陰で自分だけでは無いのだと
社会に触れてルールを守って使ってます。

そこに大人は介入してません。
子どもたちが教え合います。

集団生活の良さは、社会がある事です。

自分で考えて遊びます。

大切に使わせて頂きます。

保護者の方より一台ストライダーを
寄付頂きました。
大事に使います。
どうもありがとうございました。


ストライダーや三輪車のコースを
作る必要があります。

築山の形変えねば!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

羊とヤギ。

ヤギ、頭突きでケンカ。

結構長くて子どもたちも珍しさに

見守ります。

IMG_1376


全然終わりません。

何があったのか、周りを気にせずケンカ。


立ち上がったりして、なかなか見れない姿。
IMG_1378


IMG_1379


ここではヤギをブラッシング
IMG_1382
IMG_1383


ヤギのフンを掃除。
ヤギのフン掃除を体験にした
千葉動物公園すごい。
IMG_1384
IMG_1386

テンジクネズミとハツカネズミの触る体験
IMG_1387

子どもたち、相当興奮してました。
IMG_1392

話を聞いて、しかし待ちきれません。

IMG_1390

IMG_1388



順番に触るのにジャンケンで決め始めました
このジャンケンにより、
触れる時間が減っていきます。

合理性より公平性を重視するのは
子どもらしいといいますか、
皆んなが納得する方法の一つですね。
IMG_1396


帰りのバス出発。
IMG_1397

キッズダムへ行った時より
静かで寝る子も多かったです。

たくさん歩いたと思います。
アシカに餌やりして、ぐるっと回って
ご飯食べたら遊んで
ネズミの体験
最後にまた見て回って。

最後まで全力で遊んだチューリップ組でした。

もうあと二週間なんですね。

小学校へ行って沢山の楽しい事を
見つけて取り組んでほしいです。

全力で向かってほしいですね。

小学校生活になったら
「小学校の方が楽しい!」
となってほしいです。

小学校でまた新たな出会いと楽しみが見っと事でもあるでしょうし、それは喜ばしい。

でも、保育園が楽しかったなと思ったら
「保育園が楽しかった!」でいい。

正直に言える事も大切に受け入れて
聴きたいです。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


いざ!こどもの国へ
IMG_1362


上手!
ちょっと太めでやり辛そう
IMG_1337


新遊具になってました
奥の総合遊具も。
IMG_1335

出ました!
ターザン!
「アーアアー!」
と言いながら。

この叫びは世代を問わないらしい。
IMG_1336


一緒に滑ろうと保育士は
数十回階段登ってました。
エンドレス
IMG_1339

お弁当タイム
最高の天気。
温かい。
未だかつてお別れ遠足で
こんなに温かい日はあっただろうか。
眠たくなるほど。
IMG_1363


わらべうた中
相当走り回ってました。
IMG_1343


こっちは長縄

回すけどうまく行かずに
すすまない。
笑って飛べなくなって楽しそう。
IMG_1345


もぐもぐタイム
IMG_1346


IMG_1347


帰るとお出迎えが。

「チューリップになったら行けるの?」って
羨ましそうでした。
IMG_1348

片付け中。
IMG_1349


IMG_1350
IMG_1351
IMG_1352
IMG_1353
IMG_1354

なんか作ったらしいが
教えてもらえなかった。
IMG_1355

ここで作成中
IMG_1356


鉄棒を見せたくて
何度も回ります。

全ての鉄棒で見せてくれました。
IMG_1361

泥団子。

みんな大事に作ったのでしょうね。
どこか満足げ。

これ見た保育士が
「団子壊されない様に
何処かに仕舞っときなよ」
???
まてまて!
下駄箱に取っとくでしょ!
下駄箱の砂大変ですから!!

そんな気持ちをよそに、
下駄箱へ行きました。
IMG_1367


今年の親子遠足は、また遊びきってました。

なのに帰りのバスは全く寝なくて

8割は起きてました。

まー、帰りもやかましい!

大盛り上がり。

楽しかったのでしょうねー!

良かったです。



こどもの国へ着いてからアスレチックまで
歌を歌いながら。
歌はアンパンの替え歌。

どこで覚えたのか、卑猥な替え歌。
どこで覚えんのさ!

と思いながらも、
最近多くなった森友学園の報道に出てくる
宣誓をする映像ばかり見てるからか

不思議とアンパンの替え歌を歌う姿が
こんな事ぐらいと思えてしまう。

ズレてしまった。それとこれは違う!
感覚を保って大事ですね。
締め直します。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


午後の外遊び。
IMG_1333

ブランコを捻って
腹這いで回転
IMG_1332

築山掘ってました。
なかなか深くなってきました。
プラのスコップでなかなかやりますな。
IMG_1331


三輪車は相変わらず人気。
IMG_1329


「えんちょーせんせー!」「えんちょー」
わたし、色んな呼び名があります。
IMG_1327


ポンプを止め、ん〜、何か違う方へ興味が
向いたようです。
IMG_1326


「えんちょーせんせー!」
の言葉には慣れました。
流石に十数年やっていれば当然ですね。

その前は、
「いちろーちゃん」などと呼ばれてました。

当時の卒園児に会った時、もう二十歳でした。

早いものですね。

「いちろーちゃんオヤジになってるし。」
と卒園児。

懐かしいんですよ。

子どもたちにとって、
私達が先生と呼ばれる事に拘ることは
関係ないんですよ。

先生とは?なんて子どもは分かりませんから。
ただの呼び名でしか無いんです。

私を「えんちょー」と言う子もいます。
保護者の方が「先生でしょ!」と訂正させますが、
別にいいんです。

私達職員がちゃん付けで呼び合っていたら
子どもはそう覚えるでしょう。

だからと言って
馬鹿にしてるわけでもなんでも無いのです。

純粋に
「この面倒見てくれる大人は
〇〇ちゃんと呼ぶと来てくれる。」
だから「〇〇ちゃん」と呼ぶのです。
その人の呼び方程度の認識でしか無いのです。

だから、いいんです。

それより、声を掛けてくれた事を
当たり前と思わず喜びましょう。

私達って、
「こういうものだ」
と物事に対して刷り込みが多いんです。

疑って見ると結構思い込みって多いですよ。

自分の中での常識は、今の常識とは違います。
視点を変えて見ましょう。
きっと子どもへの見方が変わります。

因みに私は考えまくります。
疑いまくります。
なぜ?の渦に入り込みます。

考えが乖離し過ぎないように、
流れと空気はアンテナを張ってます。

呼び方一つ考えると深いんです。
深く掘るとここでは掘りきれません。

今回はこの辺で。


"スルーな話"
先日同窓会をやりました。
女友達よりの最初の一言
「保育園落ちた。チューリップ保育園しね!」
でした。

他園に入園したとの事でした。

チャリンコで子ども乗せる姿は逞しい。

皆二十八年経っても面影があり懐かしいひと時でした。









このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ