チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

2017年05月

昨日は指針の研修会。

千葉県民間保育振興会青年部主催。

横にいた先生は余計な写真ばっかり撮る。


もっと他に無かったのか。

真面目に聞いてる人間には見えない。


私事でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


砂場が盛り上がってました。

よく見ると、泥団子に夢中です。

保育者も一生懸命。

保育者が幼少期の楽しい思い出、

経験、体験の中から生み出されることは

少なくありません。


遊んだ経験は人それぞれ。

だから、色んな遊びをした経験は
強みです。


水色帽子の子が手を入れているのは、

ドロドロでした。

泥団子の素にしてるんでしょうか。



赤い家から何やら椅子を出し始めました。

何でしょう。狭かったのかな?



通りすがりにパシャリ。
何してるのか、想像して楽しんでください。

子どもの遊びって全てが

「〇〇しよう」としてやってる訳では
ないんです。

その場の思いつきから発想が枝葉の様に
別れて、最初の思いと違う所へ行くのは
不思議ではないのです。

大人って聞いちゃいますよね?
「何作ってるの?」って。
この言葉、沢山掛けられてる言葉かもしれません。

「何かじゃなきゃいけないの?」
大人が「何作ってるの?」って聞くから
枝葉の広がりも大人のイメージなぞってしまって、発想が狭くなって、刷り込まれていくのです。

そんなとき言葉をどう掛けて、
子どもの世界を壊さないかに、
気を配ります。

製作中、完成したもの、見せて来た子どもと一緒に喜んで、気持ちを分かち合う
事って大切なんです。

褒められたくて作ったのではなく、
『すごいのできたー』だから見て欲しい。
その喜びを共有出来ると、次への意欲に
繋がります。


本日の残りの写真です。

大人気ブロック。
復活希望します!(廃番)


人気は衰えません!
皆んな上手になりました。


散歩から帰って来ました。


植えて3年目。
茂って来ました!
枝葉の形が好きです。

この紅葉も!
なんとも言えないいい格好!


ドロドロで洗った靴です。

思いっきり遊んだからこそです。


梅雨に入る前に思いっきり
発散しておいて欲しいです。









このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今月の子育て支援は

「ピッツァ!」 ナポリ風!

パパの手伝い無くしては出来ませんでした。


薪割りとカマドの火力安定

おかげさまでとても美味しく出来ました。


灼熱の日差しの中、

皆さん大変だったと思います。



子どもたちも、出来上がるまで園庭で

走り回ってました。


私の腕が未熟ゆえに、焦げたピザも

見られましたが、

許してくださいね!


今日はご参加頂いたご家族の皆さま、

ありがとうございました。


来月は室内開放です。ホールを開放し、
保育環境を整えます。
わらべうた、絵本読み聞かせなど、
ゆっくり楽しんでいただける
内容となっています。

お待ちしております!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


この三輪車は後ろに立って乗ります。

フラフープを連結しようと

縄跳びを調節してました。


前の子はそれを知らず、止まっては走り。

この後どうなったんでしょう。



写真左の子が

「園長先生、これ難しいよ!」

と中間まで行って降りました。


真ん中で難しいという事は

端まで行くのが一つクリアの基準なんでしょうかね。



写真真ん中の子は

ぷらぷらしてるのを楽しんでる様でした。

人それぞれ楽しみ方を見つけてるんですよね。


ウチは築山や、三輪車、ブランコ、砂場

平面の環境が多いのです。築山も起伏に富んだ形状ですし、鉄棒、平均台、と
有ります。

掴んで遊ぶ。

ロープ渡り、モノレールのつり革
段々全身バランスよく力を付けたり
手押しポンプで砂場の遊びも
広がりました。


これでもまだまだ足りてるとは思いません。

遊びたくなる、明日何やろうか楽しみになる保育環境はまだまだ広がります。


今、杉の丸太があります。
これこら丸太も増えます。

楽しみが絶えませんね。

出来上がった時の子ども達の遊びの
変化が楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


何やら見つけてバケツに入れています。

小石かな?
みんな一生懸命で、小石にしては

夢中だな。

と思って見てました。

私はすぐ他へ行ったので、気になります。


せっせとポンプで水を出して、


出てくる水に触れようとしますが

流れ切ってしまって、

不思議な顔をしてました。

どうやったら触れるか


暫く考えてました。


私はこの後外出してしまったので、

どうなったか見てみたかったですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ