チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

2016年10月












   










今日の写真は物足りないですね。






















運動遊び。


























最後は誕生会でした。














このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今日の園庭


















トンボが止まってる所が高くて、ブロック積み上げて狙ってます。

1人が虫網、1人が抑える。








































L字ブロックで飯事中。



















カマキリとトンボを入れたらカマキリが
捕食して大盛り上がり!






































今年のサツマイモはこれだけでした。
半分くらいしか出来ませんでした。

日照時間など影響してるのではないかと思います。



















長縄に段々と集まってきました。




















築山から水を流す。
ん?
飯事?
よくわかりませんでした。

でもいいんです。
「何か」でなければいけないわけではありません。

求めず、行く末を見守ること。





















ピンク帽子の3人は話し合いしてます。

どうやら他の遊びがきになって
仲間に入りたいようです。


今日は園庭開放もあり、大変賑わっていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



















ウサギ、モルモットゾーン。
年齢が上がるにつれ、抱き方が上手。


ウサギを抱こうと追いかける子も。
ウサギもスルリとかわし、そんな光景が
幼児クラスにありました。

モルモット抱いたら、「すっごいかわいい。」と、男の子。




















ヒヨコゾーン。
手を皿にして、優しく抱きます。

「すごくあったかい!」
「モコモコしてる〜」
抱かれたヒヨコをジッと見つめてました。


クラス毎に触れ合い、自分達の番になると解き放たれた様に動物の所へ。



楽しみにしてたんですね。



















にじ組迄はポニーの背中で固まる子が多く見られました!
そりゃ、子どもからしたらデカイし、怖いと思っちゃうのはあります。

嫌がって泣くのも良いです。

自分で恐る恐る手を出して触ると、
段々慣れて、餌やりもしてました。



父母会からの最高のプレゼントでした。


企画から当日準備頂きました保護者の皆様、ありがとうございました!




































その後
柿の収穫をしました。

買い物カゴ一杯では収まらず、今年も豊作です。
本当、良く実のなる柿の木です。
しかもウマイ!

鳥が食べに来ているので、急いで収穫しました。



卒園記念樹に、
ドングリが沢山付いてます。
園庭にドングリは感動です。


気付けば記念樹は葉も茂り、しっかり育っています。

今年の紅葉も期待しています!
頼むぞ!もみじ!











このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

木更津市馬来田にある、コスモスロードへ

バス遠足です。




















この写真だと殆どコスモスは写ってませんが、

本当は写真の後ろに一面に咲いてるんですよ!

枝豆の収穫をしている農家の方が

「子ども達が来たことが嬉しい」と

とても喜んでました。



このコスモスロードは、農家の方々が

23年前、竹林を切り開き

川沿いに花を咲かせようとなった事が
始まりだそうです。


そして、拓けた一部に枝豆畑を作ったそうです。


子ども達の遠足コースになった事が
とても嬉しいらしく、
子ども達が来た事に、
「やって来て良かった〜」
と感慨深げに語ってくれました。














































































































目線の先は水が湧いているんです。




















デカイコオロギを発見し、大興奮!




















止まりません。


往復4キロ歩きました。
普段の散歩から考えるとよく歩き、
道中でそれぞれが楽しさを見つけてました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ