チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

2014年02月

皆真剣です!


写真 2014-02-26 10 56 09


とても上手です。今はちょっと休憩。



写真 2014-02-26 10 55 29

入場の練習風景です。


写真 2014-02-26 10 50 14

子どもが壇上で証書を貰います。


写真 2014-02-26 10 55 43


とってもよくできていました。


名前を呼ばれるだけで、込み上げてくるものがありますね。


「もう1年だつんだ」

と、

時間の流れの早さに驚きます。


あと一月なんですよね・・。


寂しくなりjます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

野菜の収穫をしました。

DSCF6546



先生と一緒に収穫!


DSCF6556


採り方を伝えながら、一緒にやって見せます。


DSCF6562


はつか大根ができました。

洗って綺麗に赤く染まった大根を持って、「先生見て見て!」と嬉しそうです。

DSCF6563


これは、チューリップ組さんです。

まず、切って大根を食べてみるところです。

DSCF6569


洗ったかぶを丸かじりです。

皆とてもおいしかった様で

「おいしー!!」の連発でした。(ヨッシャ!)



DSCF6574

大きくなったはつか大根を手に嬉しそうです。


DSCF6559


DSCF6535


DSCF6536

チューリップ組さんが種を撒いたので、

収穫は一番楽しかった事でしょう。


DSCF6567


先生にかぶを洗ってる間、興味津々で覗いてました。



子どもたちはこの収穫で、その場で洗って食べてみました。

はつか大根は辛かった様で、

「辛い~!」

と言う感想が多く聞かれました。


でも、沢山の子が食べていました。


特に人気だったのは、”かぶの葉”でした。


かぶの葉はとても甘くて、

「葉っぱちょーだい」と言ってくる子が多かったです。


これで畑は5月くらいまでお休みです。

今度は土がもう少しよくなる事を期待して、土づくりをします。


<かんけーない話>

ソチオリンピックが閉幕しましたね。

開幕当初は「今年メダル少ないかな」と思っていたのですが、

男子スノーボードを見て感動しました。

それは、日本人ボーダーがあそこまで世界と渡り合っている姿にです。

私もスノーボードを10年以上やっていたのですが、

数年前まで日本人プロスノーボーダーは世界のプロスノーボーダーから認められていないと

感じていたからです。(違ったらゴメンナサイ。私の記憶の中なので・・・)


それが、海外のスノーボーダーに引けを取らないレベルで競う姿に

”興奮”しかありませんでした。


あの頃(かなり前・・)は海外勢に相手にされていなかったのに、

その海外勢にあそこまでプレッシャーを与えるなんて(T_T)。

ずっとスノーボードを見てきただけに、信じられないの一言です。
(ショーンホワイト選手(アメリカ)を最初に見たのは、スノーボードのビデオでまだ小学生でした。しかも、審判にトッド・リチャード(アメリカ)が居た事も懐かしく興奮しました。ビデオをよく見てました。)


ソチオリンピックはスキーやスケートまで様々なドラマがあり、私たち日本人にとって

とても心に残るオリンピックでしたね。

私は今回のオリンピックを「選手のソチまでの歩みと共に楽しめたな~!」と感じられた事が

とても良かったです。


では失礼します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

午後の活動「チューリップ組編」です。

写真 2014-02-20 14 38 44

午後の人気「サッカー」です。

このサッカーはみんなでボールを取りに行かない事に驚きです。


よくボールにかたまっちゃうんですよね。自分がそうでした。


写真 2014-02-20 14 39 34

ここでは何やら料理をしていました。

まだ途中だったようで、砂を運んできては


上からサラサラとかけてました。


写真 2014-02-20 14 39 40

これはよくわかりませんでしたが、見た瞬間

「なにこれ!?」と思い撮りました。

まだ完成ではないそうです。


写真 2014-02-20 14 40 15

総合遊具下でもおままごとをしてました。




写真 2014-02-20 14 40 20

その横でバケツが置かれてました。

たき火だとのことです。


最後に・・・

写真 2014-02-20 14 39 17

仮面ライダー?になりきっていました。

カメラに気づいてからずっとこちらを見ていたので、

多分写真撮るまで止めないんだろうと思い、

その気持ちに応えるべく、カメラに収めました。


思った通り、やっぱりすぐやめました(^^)


チューリップ組さんも、あと少しで卒園です。早いものですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

過ぎてしまったので、急いでアップしたためコメントは少なめです。

写真 2014-02-10 9 57 35


雪遊び中です。

しっかり積もっていたおかげで、泥の混じらない雪です。


写真 2014-02-10 9 57 07


真っ白な園庭が気持ちいいです。


写真 2014-02-10 9 57 45

大きな雪を手に取って私へ見せてくれました。

雪で遊べることが楽しくて仕方ないといった感じです


写真 2014-02-10 9 58 11

ここは何やら話し合いしてます。少し離れたところから見ていましたが、

雪をベンチにしてこれからの雪遊びについて話し合っていたようでした。


写真 2014-02-10 9 58 25

総合遊具の上に積もった雪を、レーキで掻き出してます。

いつもの階段に雪が積もっていて、何を思いながら掻き出したのでしょうかね。

黙々と取り組んでました。



ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

この日は、昨日に収穫した金柑を食べてみました。


最初は収穫したままの金柑を食べます。


感想は・・・「おいしい」が多数です。


種まで食べれるので(ちょっと酸っぱいですが)、私は金柑大好きです。
写真 2014-02-06 10 08 11

チューリップ組さんです。


これは、金柑の甘露煮にチャレンジ中です。


とてもいい香りが、部屋全体を包んでいました。

写真 2014-02-06 10 08 22

味見しながら砂糖を加えます。


横から私が、「砂糖入れ過ぎじゃないか??」


と尋ねると、


「いえ、これ位がおいしいです!」の強気の発言。


私の中では、『ふふふ、やってみな・・。甘すぎるから・・・』


と、男性保育士のお手並み拝見です。

写真 2014-02-06 10 10 07

「やってみたい人ー!?」の声に、


元気に返事をしたU君。


ぐるぐると鍋を回しながら、

「魔女みたい!」の声


お玉を回しているU君の目は、とても満足げで嬉しそうです。


まだまだこの時間が続きそうだったので、[JOVO]の作品を見てました。


写真 2014-02-06 10 12 41

「最近、駒ばっかりなんですよね~、」と先生。

コマばっかりでも夢中になって楽しいんでしょうね。


ここでホントなら金柑食べてる写真掲載したいところでしたが、なんと!!


肝心なところを撮り忘れました。


作った甘露煮の結果は、まるでショートケーキのイチゴ状態。


そう、それはより甘い中にある事で、酸っぱく感じる現象です。


しかも金柑なので苦味もあり、それはそれは不評でした。


男性保育士の目指した味も、私の想像もどちらも外れるという結果でした。


甘露煮を食べる子ども達のほとんどの感想が


「苦い・・・。」「おいしくない」でした。


そんな感想も、『最初だから失敗したんだ』と自分に言い聞かせ、


今度はゆり組です。


写真 2014-02-06 10 52 08

ゆり組の子ども達は、じっと見てます。

今度は、煮る前に爪楊枝でブスブスと穴をあけて甘みがしみ込むように作りました。


子ども達が『おいしー』と反応してくれることを想像しながら。


この日2回目なので自信を持って食べてみました。


全く変わりません。


これからほし組でしたが、結果は同じです。


いろいろ考えた結果、収穫をもう少し待つべきだったとの結論に達しました。



味は残念でしたが、一つ良い事がありました。


それは、まずいと言いながら楽しみにしていた為か、苦みや酸っぱさに眉間にしわを寄せながらも、


最後まで食べていたことです。


苦いとすぐに食べるのを止めてしまいそうですが、がんばって食べているんです。


その顔に『今度はおいしく作るからね・・』と熱く誓いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ