チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

2014年01月

ac7b28a9.g
初めての戦隊登場に私のぎこちない挨拶からスタートしました。

来てすぐに、”ヤツルギ””キサラ””ガイオン”からハイタッチです。


MCの方の”ハイタッチをしよう”にみんな群がり始めます。

大喜びの子も居れば、泣く子も居ましたけど、様々な反応に笑顔がこぼれます。

1bfc4df4.g



55b21f6e.g

07dba208.g

両手を広げて広がってから


ダンスの始まりです。


数種類のダンスを踊って


記念撮影しました。



最後お別れから

またハイタッチしてくれたのですが、

子ども達がなかなか離れず、


それでもずっとハイタッチしてくれました。(うーん。いい人たちだ。)


最後、去ってから2階の楽屋へ行く姿を目撃した子が

聞いてきました。


Eちゃん「先生、何で2階に行くの?」

私「多分屋上にヘリコプターが来てそれで帰るんじゃない?」

Eちゃん「多分チューリップ組に来るんだよ!」

私「そうかもね~。」


Eちゃんは自分のクラスへ来る期待をして部屋へ戻りました。


貰ったお土産を部屋に置きに行き、

外遊びです。

45501e57.g

Rちゃんが私の所へ来て

Rちゃん「H君が私を呼んだから、『何?』って聞いたら、何も言わなかったんだよ」

と私に報告します。

とても楽しそうなRちゃんでした。


H君が何を言いたかったのかや、呼んでおいて何も言わない事が面白いというより、


声を掛けられた事が嬉しかったんだなって思いました。


Rちゃんの中では、新しい友達が出来たようで嬉しかったんだと思います。

1c78c695.g

「先生、どっちがいい?」と松葉を私に選ばせます。

選んだ方を私に渡し、松葉で引っ張り合いの勝負をしました。


どちらも切れてしまい、


「もっと強いの取ってくる」と松葉の溜まりへ駆けていきました。


dfa4651e.g

築山の滑り台の下に団子が置いてありました。

転がって落ちて割れてしまうと、


「一人壊れた・・」と女の子。


「『一人』なんだ。」と言うと、


「そう、一人」とまた女の子。


何故一人と数えるかは教えてもらえませんでしたが、


何かに見立てていたのでしょう。


団子を大事に両手で運んでいました。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

9cb9f68b.g

ほし組わらべうたです。

みんなが見ている前で、とても上手にできました。

cd456d34.g

2グループに分かれて

ステージでわらべうたを行います。


0dfd5661.g

今度はゆり組です。

年中ともなると、遊びの難易度が上がります。

それをまた楽しそうに遊びます。

6c5f2ae2.g

楽しそうでした。

良い雰囲気でわらべうたをしているんだなと、うれしくなります。



最後はチューリップ組です。
ff340aba.g

チューリップ組さんもいい雰囲気の中わらべうたを披露します。

良い雰囲気って、ビシッとやる事ではなく、普段の子ども達とあまり変わらない

じゃんけんに勝った時や、負けた時の喜ぶ姿や、悔しがる姿がありのままに近いという事です。



当日は、ご家族の方が見に来るので緊張すると思いますが、


緊張の中に居る姿を温かく見守ってあげてください。


子ども達が嬉しいのは、盛大な拍手と、家族から褒めて認めてもらうことなんです。


ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

355e2f51.g
お別れ会の装飾を製作中です。

薄いピンクの模造紙に

桜の葉をぺたぺたと貼っています。

画用紙を何十にも折り

ハサミを入れていきます。


お別れする子ども達を思い、

作成してるのでしょう。

その思いは、ハサミひとつひとつの

丁寧さから伺えます。







d456cdf4.g
こちらは

発表会の小道具製作中。

何を作っているかは・・・内緒です。

でも言いたいので言っちゃいます。

”番傘”です。

画用紙でですよ!?

「どうですか?」
って試作品を見せられた時は、

”感動”の一言です。

折り紙で作れるんですね。

保育士の技術に”感動!!”
因みに、開閉できるんですよ!




発表会も近づいてきました。劇の練習などしている中で、最初は背景も衣装もなく練習しています。

時期が近付くにつれて背景をつけて練習して、

衣装を着て練習して・・


と、段々雰囲気が出てくることにまた子ども達はワクワクします。


ワクワクしながら本番を迎えられることは、子ども達の主体的な活動に繋がります。

私は、リハーサルを見る事からもう楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


一日の始まりです。


写真 2014-01-17 9 56 59





さて、本日のメインイベント、「小松菜の収穫!」


写真 2014-01-17 10 58 57


小松菜とったどー!!


832e9a77.g
小松菜の周りを掘って大事に収穫します。

1e1b01b4.g

洗ってすぐに食べてみました。

子ども達の感想は


「おいしかったー!」の声が6割くらい。

後は「苦い・・」でした。

be9cdb92.g

取れたてを生で食べた後、炒めて食べる事にしました。

f85d343d.g

根っこを切り落としてるところです。


みんな待ちきれずに大集合。


41199f1f.g

その間にゆり組さんも公園から帰ってきて、


小松菜の収穫です。

0f7661f1.g



今度は炒めた小松菜です。


61fe3fab.g


これは炒めた小松菜をもらってるところです。


炒めた小松菜は全員から大好評でした。


9bb4d9a7.g
写真に気づいて、すかさずピース!


ほし組さんもやってきてみんな食べれる事がうれしそうでした。




75c40e55.g

保育者から小松菜が配られて、テラスに座って食べてます。皆満足げです。



13013e0e.g

そして最後に余った分を配給。



今回の小松菜は収穫量が少なかったので、ほし組は食べれないと思っていたのですが、

少しでも食べることが出来たので、ホっとしました。
(えー!食べたかったー!!って大ブーイングになるんですよ。)



今日一番の収穫は、みんなが野菜を食べた事です。


みんなですよ?野菜を育てるって、ほんと良いなーと思います。

野菜好きな子はもちろん、嫌いな子も自分から食べるんです。


「一口食べてみようよ」ではなく、「食べたい!」って食べてました。

この瞬間心の中で『ヨッシャ!ヨッシャ!ヨッシャ!ヨッシャ!シャ!シャ・・』が鳴り響きました。



野菜嫌いな子が食べていた時の事です。

私「どお?おいしい?」

Rちゃん「うーん。20点」

私「え!何点中の20点?」(やたら100点に近づけたくて・・20点満点と言ってくれと願い・・)

Rちゃん「30点中!」

私「お!という事は、すごいじゃん!?」

Rちゃん「そうだよ。でも、苦い」

私「へー、苦かったんだ!全部食べた?」

Rちゃん「苦いけど、全部食べた」

私「おー、よく食べたね!」

私「今度炒めたのだよ。食べてみなよ」

Rちゃん「あ、おいしい。また食べる。」

私「炒めると、すごいおいしくなったね!」

Rちゃんが小さな声で耳元で

Rちゃん「今度は70点。」

Rちゃんに今度は何点満点の?なんて野暮なことは聞きませんでした。(心の中ではもう、ヨッシャ!です。)

また小松菜を貰いに並びに行きました。

ちょっと内気がかわいい子なのですが、小松菜を配る先生に

「小松菜ちょうだい!」と一歩勇気を出して踏み出した瞬間でした。

その様子を見ながら、何とも言えないうれしい気持ちが込み上げました。



次は”かぶ”の収穫です。(今日試しに掘ったら、とてつもなく小さかったから、葉っぱメインだな。)

あ、そうそう。金柑も沢山出来ているので、来週辺りに子ども達と食べてみようと思います。


おしまい


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

暖かい日差しの中、子ども達の元気な姿にしみじみと幸せを感じます。


e7fb2901.g



鉄棒で足をブラブラとさせて、バランスを取ります。



鉄棒の端に足を掛けて「よいしょ・・」っとです。

35df3f67.g


保育者が縄跳びを回している所を駆け抜けます。



みんなタイミングを見計らって・・・なかなか行けません。


保育者の掛け声に、意を決して駆け抜けます。

2ce2513a.g

怖がる手に縄が当たり、


引っかかって、もう一度。


83558196.g

さすが体育の先生。


回し方が全身を使ってるから、子ども達もタイミングを掴みやすいのかな。




2966a5f9.g


隣の公園ではにじ組さんが遊んでます。


先生「ほら見て!霜柱だよ!ほらほら!」

子ども「・・・・・」

何も言わずにみんな注目です。興味津々。


中には、触ろうとする子もいましたよ。

でも、この後この一段高い所を登ることに夢中な様でした。



bd866736.g


手を繋いで上りました。


実は青いジャンパーの子が少し高台になっているこの場所に上るのに


霜柱が邪魔をして

滑って登り辛そうにしていたんです。


そこで、先に上に登っていた子が手を差し伸べてくれた事で、やっと登れました。



手を差し伸べる、思いやる心が働いた瞬間です。



子ども同士の関わりの中に思いやる心が育っている事を感じ、温かな気持ちになりました。


きっと普段からの家族との関わりや、友達との関わりの中で育ってきたのでしょうね。



うちの子が初めて私に手を差し伸べた時のことを思い出しますね。

「なんてあたたかい子に育ったんだ」「えー子やー」


おっと!うちの家族の話は置いておきましょう。




次は畑です。

169532e3.g


小松菜です。


寒い時期から植えたので、


「育ってくれよ!!」と願い続け、

食べれるまでに育ちました。


担任の小まめな水やりと、私の思いが・・・イヤイヤ、担任の水やりが


ここまで育てました。


明日、食べてみようと思います。


楽しみですね。


チューリップ組さんで明日お休みの子がいるので、


”はつか大根”と”かぶ”は残しておきますから、安心してください。



今日の朝つまみ食いしたら、


はつか大根の葉っぱのおいしさに、「痩せてていいから早く収穫したい♪」


と気持ちを早らせてしまいました。それで明日小松菜の収穫となったわけです。



ではまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ