チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

2012年08月

今年からゆり組とチューリップ組はけん玉を取り入れ始めました。

7,8月の期間はプールのため、こちらに夢中になっていました。

そんな中、久しぶりにけん玉検定を受けにきました。

この3人の子たちは入門級が終わり、10級から7級までの検定を受けに来ました。

私の

「それでは順番に検定を始めます。失敗したら練習してからまた来てください。だから頑張ってね。」

の言葉に、子どもたちの表情は緊張に包まれた面持となり、検定スタートです。

友達が検定を受けている間、他の子は邪魔をしない様静かにしています。

10回の間に決められた回数をクリアできればいいのですが、

練習でできたのに、本番でなかなか決まらない事に

ドキドキしているのが伝わってきます。

 

まだまだ、練習が必要なNちゃんですが、誰よりも検定合格に強い闘志を燃やしており、

検定に落ちてもう一度練習してきたときには、

「私、絶対合格するから」

と眼差しは真剣です。

最初は10回のうちに出来なければまた来ればいいと思っていたのか、
失敗を気にしていませんでした。

しかし、今では1回1回を大事に検定を受けています。

無事10級に合格し、大喜びでした。

がんばれNちゃん!!

 

けん玉は集中力を養う玩具として導入しました。最初は上手くいかずに楽しくないのですが、

練習して出来るようになる、上達する喜びを感じてもらいたいと思います。

検定に合格するごとに難しくなるので、より一層の練習が必要になります。

まだ始めたばかりですが、

『私は頑張れば出来る』

という自分の自信となって、これから自分に立ちはだかる壁へ、

自身の背中を押すものとなってほしいと思います。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

チューリップ組は流しそうめんでした。

流すまでの間、

「いつ流すの?」

「まだ流れてこないの?」
「もう流そうよ!」

と待ちきれませんでした。

流した途端に、竹の上をフォークが並びます。
当然、最後の子は取れません。

「下の友達が取れないから、そうめん取ったら次は下の子ね~」の言葉に、

みんな譲り合う姿が見られました。

流しそうめんは、大盛り上がりでした。

 

流しそうめんを始めたきっかけは、

小学生の時テレビで見て憧れた流しそうめんを

当時イベントでやった時の喜びから、『子どもたちにも体験させてあげたい』

から始まりました。

楽しんでくれて何よりでした。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

ゆき組さんのおやつ後の遊びのようすです。

中に入らず、窓から撮影しました。
保育者の手作りした入口サークルが大人気です。
とても元気に遊んでいました。

 

旧園舎が半分無くなりました。

渡り廊下の窓から撮影しました。
躯体の解体開始からあまりにあっけなく解体された為、

T先生と

「あっさりだね。・・・」

と見るたびにしみじみ感じました。

その後は、

「重機すげーなー」

と重機の働きに見入るばかりでした。


同じような写真ですが、もう一枚。

手前の重機は、コンクリートを砕いてました。

 

解体中は、振動があり仮設園舎で生活している子どもたちは、遊んでいるときに驚くのではないかと思いました。

ですが、部屋の様子を覗くと元気に遊んでいる姿に安心します。

少し不便な生活となりますが、私たちが不便であるから知恵を絞れるので

いろんな事に沢山の気づきを感じながら保育したいと思います。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

建物を本格的に解体し始めました。

重機により、あっさり壊れます。
36年の歴史に幕を閉じはじめました。

 

今日の遊びの時間です。

先生の後ろについて、歌を歌いながらプールをぐるぐると回ります。

手が離れてしまっては止まり、また続けます。

 

ゆき組です。

ベビーバスに浸かって気持よさそうです。

 

8月も半分が過ぎました。
プールは夏の遊びなので、あと半月かと思うとさびしい気持ちになります。

プールで遊ぶ乳児の子たちも、その姿がまた可愛いですね。

また、楽しい保育の雰囲気をお届けします。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

にじ組のプールの時間です。

ジョーロで水をかけられて、大はしゃぎでした。

続いて、ゆり組です。

プール前の体操です。
みんな先生を見て、しっかり体操していました。


最初みんなでゲームで水に慣れた後は、自由時間です。

水の掛け合いや、ペットボトルを使ってプカプカ浮いて楽しんでいました。

隣の渡り廊下にマットを敷いていたのですが、「誰か水かけてくれないかな~」と思いながら、

地道にマットを敷きました。

 

今日は軽装だったので、乱入したくなりました。(水かけられた時の反撃用にデカイ桶でも置いておこうかな・・・)

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ