先週の土曜日に餅つき大会がありました。

ご参加いただいた皆様、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

園舎建て替え後の餅つきとあって、まず悩んだのは臼を突く所と、かまどの場所です。
参加者の導線や、熱い餅を運ぶ時の安全面、雨天時の対応まで考える必要があるからです。

天気にも恵まれ、当日問題なく行うことが出来たので、一先ずホッとしました。

 

保育園で様々なイベントを行いますが、その時に「これを子ども達に見せてあげたいんだよなー!」と思う瞬間があります。

それは、大人たちが和気あいあいと楽しく話している姿です。

お父さんお母さんと先生が楽しく話して笑っている姿を見ると、
子どもは”何とも言えない、うれしい気持ちになるんです!”


私が子ども達と同じくらいの頃にも、先生と母親父親が楽しく話している姿を見て、

何とも言えない楽しい気持ちになったのを覚えています。

子どもは楽しそうにしているお父さんお母さんの姿が好きなんです。
見てみてください。大人たちが楽しそうにしている横で、子ども達はうれしそうにしていますから。

大人が楽しそうにしているその姿を見て、心の中に良い記憶として残ります。

また、同じ季節がやってくると思い出します。
そのように楽しかった出来事や思い出を心にたくさん溜めて、心は満ちていきます。

こころの水瓶がもっと大きくなるように、これからも沢山の楽しい時間を作りたいと思います。