今日は未完の築山で洞窟づくりです。

これはトンネルをイメージ??
砂と違ってしっかり穴が掘れるので楽しいのでしょう。

もう夢中で掘ってました。

先生も一緒になって必死です。というか、先生も楽しくてとにかく深く掘ってます。


この穴は子どもの膝くらい掘ってました。

何度も中に足が入ることを確かめて楽しそうです。

このころにはみんな裸足になって遊んでました。
靴はもうドロドロで「もう全員脱がせてもいいですか?」と保育士から。

周りを見渡せば今日は今朝の雨でドロドロなのでみんな裸足です。

お母さん、お父さん、洗濯よろしくお願いします。

今日も全力で遊びます。

 

 

この泥だらけになっての遊びがすっごく大事なんです!
何故かって?それは普段では出来ないからなんです!こんな穴掘ったことないから、掘った自分に「すげー」と思い

ちょっと離れて見惚れてみたり。無言でせっせと頑張りますが、気が付けば周りの子も集まってみんなで

大きな穴を掘るという目的を共有し、がんばります。
大人になるとまったくやらなくなりますが、これだけでも楽しいんです。

この、胸のすく楽しい思いや、どこまで掘れるんだろうという未知なるところに想像します。

この想像が創造することに繋がってまた遊びが広がります。

 

裸足で土を歩く事でどんな感触を得ているのでしょうか。

汚れた?汚い?

違います。気持ちいいんです。この気持ちいい感触って忘れませんし、手指だけではない別の部分で感じることは

感覚を研ぎ澄ませることに繋がります。いろんな感覚を使い感じることは様々な発達に繋がっていきます。
最初は登って転がることが楽しかった子ども達ですが、だんだん遊びが上手になってきました。


まだまだ築山は進化しますよ!!

今日は見ているこっちが気持ちよくなるほどに遊んでいました。

ご家族の皆さん、「洗濯よろしくお願いします!」