3月29日(金)
チューリップ組にとって保育園最後のごはんです。

屋上でみんなで食べました。
屋上の見晴らしはとても良く、何とも言えない解放感です。

みんな揃って、「いただきます!」

いつもと違う最後に思い出に残る食事となりました。

屋上が楽しくて、落ち着けません・・。

 

この日は、普段入ることができない屋上でのごはんでした。

いつもと違う場所でのごはんに、「特別感」があって楽しんでいました。
「特別感」とは、子ども達に『楽しいことがあるんじゃないか?!』という期待がワクワクさせて、
その時に至るまでの時間にいろんなことを想像します。その想像は人それぞれなのですが、『思ったより違った・・』『うわ!すごい』
その気持ちは何でもいいんです。待ち遠しい事が意欲の切っ掛けになります。

この日の子ども達は、ご飯を食べる雰囲気を想像できたけど、「特別感」がうれしかったんじゃないかと思います。

これから小学校に上がりますが、ワクワクした気持ちは今までで一番大きくなっているかもしれませんね。

私がよく思い出す小学校1年生の思い出は、掃除の時間の雑巾掛けです。やたら燃えました。