市原こどもの国キッズダムへ行きました。

とても天気がよく、気持ちのいい日和です。

大人気滑り台

この滑り台は見ただけで好奇心を掻き立てますよね。

「先生、見て!」と高いところまで登るのを見せてくれました。

私が同じくらいの年の時は、この網を上まで登るのが怖くて、慎重に上っていたことを思い出します。

子どもたちには少し難しい遊具も多数あるのですが、その場所へ行きチャレンジしようか、止めておこうか考えている子がいました。
他の子が出来ていても自分には出来ないと判断し、止めることも子どもたちの大切な力の一つです。自分を知るということです。

また、少し勇気を出せばできる事もあり、チャレンジする姿が見られました。

一見当たり前のようですが、これは言われた遊びを行うのではなく、自由な遊びの中に育まれます。子ども達の成長に安心する瞬間です。

 

おやつ風景です。

大きなシートでみんなで食べました。

最近「いいなー」、と発見したのがこの大きなシートでみんなで食べることです。

個人のレジャーシートと違って境界線がありません。このシートを共有するんです。
当然譲り合わなければいけません。譲り合うのは大切ですよね。思いやることですから。

 

お別れ遠足は、成長を感じるととともに、卒園が迫るという寂しさを感じました。しっかり助走をつけて飛び立ってほしいです。