11時45分ごろ到着。

自己紹介&昼ごはん



薄く雲が掛かって、結構涼しい。






キャンプ場まで
1.7キロ

カラッとした気候のせいか、

トカゲは1匹の目撃情報のみ。


まだ歩きます。


「スゲー!スゲー!」
って叫ぶから、何がいたかと思えば
死んでる沢蟹。

言った本人も
「死んでるけどね」
って。

つられてしまった。


去年からの新コース

プチ登山道。
山に来た感はあります。


食事作り開始

薪割り指導中




使い終わった飯盒洗い



13飯盒
12勝1敗といったとこでしょうか

焦げも見た目より柔らかく、
全く芯も無い炊き加減。

うまく炊けると、美味しいし、
焦げの洗いの格闘が無い!


川遊び用の靴を持って来たのに
バス発車してから忘れたことに気づき
川遊びは履いて来た靴で

替えの靴が無いので
管理棟でワラジを買いました。



キャンプファイヤーの準備
(この木が燃えないんだよ。この時から
胸騒ぎしてたよ。)


出来ました!

カレー完成!
とろみバッチリ!
具の量バッチリ!

カレー担当T先生が
2年でベストな分量に。
キャンプカレーマイスターの称号を
与えたいと思います。

きっと彼女の家庭が大家族になっても
無駄なく遣り繰りするでしょう。




この写真では燃え盛ってますが
このこまでなかなか燃えませんでした。
20分格闘。

ビデオ撮りながら。

嫌な予感的中!

結局カマド用の薪を投入。


キャンプスタンツ。

子どもたちがやりたい事を決めて
衣装や小道具を保育者が作成。

この披露は最高に自由です。

ポケモンやら、プリキュアやら。

ドラゴンボールの衣装着て
恋ダンスしたり。これも、
恋ダンスをやりたいけど
ドラゴンボールの道着が着たいを叶える



私はファイヤーに於いて

火柱どれだけ上げるかが
拘りです。
活気付くこと
熱気を感じ火に圧倒される物を感じる事

火が立ち上がると
『フフッ、今年もいい仕事したな』
って悦に入ります。


キャンプは盛り沢山です

これでもかと言うくらい
いろんな事をします。

沢山遊んで
沢山食べて
沢山寝る

自分で遊び、自分で考え学び、
今できる事を見つける。

自然は多くを与えてくれますね。


帰りのバスは爆睡でしょう。