チューリップ保育園<共育>

共に歩み、共に感じ、共に輝く。 チューリップ保育園へようこそ。

ホームページとFacebookあるよ!
【チューリップ保育園】で検索!

今日は部屋での写真を忘れてしまったため、最近気になった事を書きたいと思います。

私にも2歳の息子がいるのですが、足が大きくなってきたため靴を買いに行きました。

そこで気づいたことですが、今の子どもの靴はかっこいい!プーマやらナイキやら、
スポーツブランドが多いことにびっくりです。

私は子どもの靴を選ぶ時に見るポイントは、靴の柔らかさ(靴底)と左右が分かりやすいかどうかということです。

それは、靴の裏が堅いと歩いている地面の感覚が足の裏から伝わらないことと、足の指を使わなくなるからです。

 

持論ですが、靴ででこぼこした所に行くと、足の裏は守ってくれるのですが乗って居る地面の形は伝わりづらいです。
当然足の指は使いません。

ですが、裸足ででこぼこした所へ上ると、その表面を指で掴むようにします。
単純に、どちらが体の発達を促すかと言えば、裸足のほうです。素足であるほど歩いているだけでも
足の裏からの情報が入り、触覚が刺激されバランス感覚を養い、筋力も付きます。

しかし、当然ずっと裸足ではいられません。なので、出来る限り子どもの発達を考えると、靴底の薄く柔らかい靴
であるほうがいいと思い選んでいます。もちろん靴のサイズは、出来る限り足に合ったものです。(と言っても成長するので1cm~1.5cmは大き目のを買います。)

靴のサイズが大きすぎてしまうと、歩きずらくて靴の中で足の指を握りっぱなしになります。
そうなってしまうとせっかくの靴底の薄いものでもほとんど意味がありません。
足の指が握りっぱなしは歩きづらいですし、足も上がりませんので、当然体の稼働域は小さくなります。

その為、それだけ筋肉を使いません。当然、運動能力の発達を促しにくくなります。

うちの子どもが以前靴屋さんで私のはいているクロックスと同じ物を見て、自分も欲しくなり駄々をこねました。
安かったこともあり、しょうがなくママが買ってきたのですが、私が絶対履かせませんでした。(父親の威厳発揮!!)

もう興味はなくなったので、息子のクロックスブームは去りましたが、玄関で駄々をこねるんじゃないかと思いいつも先回りでした。

私の子どもへの、身につける物のこだわりは一番は靴です。

靴以外は動きやすければ良いです。

 

あ、左右が分かりやすいかどうかについては、自分で履く時に違いに気づけるところです。右足と左足を意識できるほうがより良いと思うからです。

これはも中々無いんですけどね。。。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

にじ組です。おやつ後の遊びの時間です。


それぞれ遊びに夢中になっていました。

手前の子どもたちは、私が部屋へ入ったので、気になり近付いてきました。
確かにあまり来ない人が部屋に入れば、気になりますよね。


ここは、ブロック落としで遊んでいました。

 

にじ組に入ったのですが、おやつ後の時間に落ち着いて遊んでいました。
部屋に入った時に、この雰囲気を邪魔してはいけないなと思い、写真を撮った後すぐ部屋を後にしました。

部屋に入るとその部屋の雰囲気は伝わります。静かにしなければと思わせる部屋の雰囲気に落ち着いた生活が 出来ているのだなと

安心しました。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

楽しみにしていたひな祭り人形劇です。

これは一寸法師です。

みんな静かに座ってみています。正直驚きました。本当におりこうさんです。


劇が終わった後に、人形と握手をしました。握手が出来ることが本当に嬉しそうで、劇団貝の火さんに感謝です。

あまりにも嬉しがるものだから、もう一枚撮りました。


本当に嬉しそうです。この笑顔があるから、私たちも嬉しくなれるんですよね。

 

劇団貝の火さんは2名で演出していました。その技術にびっくりでした。また、小道具などは手作りのようで、

子ども達が部屋へ帰ってからチョット見せてもらったのですが、手作りが多く人形から小道具、セットまで

とても温かみを感じました。

今回、劇団を呼んでいただいた父母会役員の皆様と保護者の皆様、ありがとうございました。

 

ichiro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ